いろんな意味でギリギリ

32歳厄年のメルボルンワーホリ日記のはずが3カ月で辞めて、無職を経て、学生なう。

和歌山が生んだド変態、南方熊楠の記念館がリニューアルされてがっかり記念館になってしまって悲しい件

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!!

お正月は実家で完全なる寝正月を過ごしました。めがねです。もう実家にいる間は太るものと諦めているので、ダイエットはこれからです。昨日、東京に戻りましたので、しっかり痩せたいと思いますw

私の実家は和歌山県のど田舎にありまして、東京から帰ると片道6時間はかかるという正に陸の孤島なのですが、今回の帰省の際に是非行きたい!と思っていた場所が白浜にある南方熊楠記念館!!今年は生誕150周年だそうで、上野の国立科学博物館でも企画展が開催中ですね。

昨年、オーストラリアから帰ってきたタイミングで行ったら、リニューアル工事中で入れず、1年待ちました。私にとっては人生の節目というと大袈裟ですが、なんか気合入れたいタイミングで行きたい場所でした。(←もう過去形)

和歌山県で育つと校長先生のお話などでよく登場する南方熊楠。えらい人なんやけど、知れば知るほど、まじやべーやつやん!!!十数か国語理解できたり、大英博物館出禁になったり、美少年が気になったり、美人にめっぽう弱かったり、好きなことだけして生きてるけど、頭良すぎて社会の役に立ってるところがめっちゃすてきやし、和歌山のど田舎にまじやべーやつおったやん!!!っていうのが私の中の南方熊楠

大学で東京に出てきて、すごいけどまじやべーなこの先生。っていう先生に私が和歌山出身だと話すと大体出てくるのが南方熊楠

いろんなタイミングで現れるので、どうにも気になる存在の南方熊楠

で、気になるから足を運ぶようになったのが南方熊楠記念館。こんな田舎におってもできる人はできるんや!!私もばんばろ!!って、気合を注入してくれる場所でした。(←もう過去形)

ということで、期待度マックスで挑んだリニューアル後の南方熊楠記念館。

看板は安定のこれ。

f:id:irogiri:20180106104306j:plain

駐車場に出てた看板。建物の様子がおかしいぞ!!なんかちゃらちゃらしてないか!!

f:id:irogiri:20180106104354j:plain

ここに車を停めて、歩いて上に上がると、

f:id:irogiri:20180106104605j:plain

謎の植物とかありそう!!!な森を歩けますw十二支の謎の置物とかもあるwテイストバラバラwwそういうの大好きww

森でテンション上がったのですが、エントランスからこれじゃない感wwこれじゃない感強すぎて建物の写真とか撮ってません←

公式サイトの館内案内から画像を。。。

f:id:irogiri:20180106105025p:plain

http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/kannai

 スタイリッシューーーーーーー!!!!

四角で薄暗い入り口どこ行ったーーーーーーーん!!!!

ほんで屋上展望デッキって何www

f:id:irogiri:20180106105801p:plain

http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/kannai

 南方熊楠に想い馳せて、白浜の景色見たいとかないから!!!展示を見た熱量を早く帰って勉強にぶつけたいから!!

強風で閉まってたしwww

 

もう戸惑いしかなかったんですが、肝心の展示室がね。。。

 

すっきりしすぎているwww

 

前こんなん違ったやーん!!!めっちゃ雑多に置いてたやん!!どこに何があるのかわからない感じが南方熊楠感あってよかったのに!!!

えwこんなとこにこんな資料が!?とか、えwこんなこともやってたの?まじやべーやつやんwwド変態やんwwwっていうのがいろんな場所で発見できるサプライズ感どこ行ったん!!!

ごちゃっとしてるからこそ、何回行っても新鮮だったのに!!!

時系列にすっきり並べたら、発見も何もない!!

めっちゃ受け身!!見せられてる感!!!

自ら情報を取りに行く感じがなくなってしまって、記念館が見せたい形をそのまま受け取る感じ。ただのすごい人。受け取り方のバリエーションがめっちゃ狭められてる気がして、展示を見終わるころには、

もう来ないな。

という気持ちになってしまったのでした。

田舎で楽しみにできる数少ない場所だったのになあ。南方熊楠顕彰館の方は行ったことがないので、次回の帰省時に行ってみたいと思います!

ということで、ただの文句になってしまいましたが、私が思い入れのある場所や物が変わってしまうのが本当にいやと思ってしまうタイプなだけですw

松屋のビビン丼の目玉焼きが温泉卵になってしまって、もう絶対食べんからな!!っていうのと同じです←
てか、ビビン丼っていつの間にかなくなったよなーと思って調べたら、2018年1月9日から期間限定で復活!っていう記事を発見しました。温泉卵乗ってる←悲しい

初めて行く人や、南方熊楠って誰?という人にはおもしろいと思います!建物もきれいです。あと、顕微鏡で粘菌がめっちゃはっきり見られて感動しましたw

和歌山の記念館、上野の展示を見る前の予習には南方熊楠のやべーやつ感を手軽に感じられる水木しげる先生の猫楠がおすすめです!(この漫画を描くにあたり、水木先生も記念館に足を運ばれたらしく、サインありました!)

表紙からしてなかなかww中身が少年でめちゃくちゃピュアな人です。

私もモリモリ好きなことを勉強したい!!3連休中に上野も行きたい!

ということで、さらばっ!!今年もよろしくお願いしますー!!

Amazon.co.jpアソシエイト