いろんな意味でギリギリ

32歳厄年のメルボルンワーホリ日記のはずが3カ月で辞めて、無職を経て、学生なう。

映画「この世界の片隅に」舞台挨拶@新宿ピカデリー

やっと見てきました。メルボルンにおるときからずっと気になってたこの映画。

帰国後やりたいリストにもばっちり入ってたよ。で、家帰ったら弟の机でこれを発見。(あ、帰ってきてから弟と同居してるので、今後のブログにもガンガン出てくると思います。)

表。 
f:id:irogiri:20170126010955j:image

裏。
f:id:irogiri:20170126011027j:image

原作が好きでクラウドファンディングにちょこっと出資してたらしい。2000円。「5000円出してたら最後に名前出たんやけどねー」って。

このカードは宣伝用に送られてきたとか。

「原作読んでから行くべき?」って聞いたら、「読んでから行ったほうがわかると思う。はい。」って原作貸してくれた。なんなんこの子。思ってたより役に立つんやけどwww

 

で、早速原作は読んでみたものの、原作の時点ですごく良くて、これ映画見るのってどうなんやろか?ってちょっと踏みとどまっておりました。見たいけど、見たくない。そんな感じでぐずぐずしてたところ、はい、来ました。チケットキャンプ。もはや回し者なんじゃなかろうか。

クロマニヨンズのチケット取れてから、けっこう覗いてた。特に「定価以下」コーナー。

無職の私。時間だけはある。

ということで定期的にパトロールしてたらなんかいろいろ出てるやないの。

劇団四季とか宝塚とかめっちゃ興味ありますけど?

ヲタ気質にブレーキかからない恐れあるから避けて生きてますけど?

その中で見つけてしまった。

この世界の片隅に」舞台挨拶付きチケット。定価以下。

いやもう行くでしょ。のんさん来るって?私、あまちゃんどんだけ見たと思ってんのよ!!

速攻落札して、映画館行きました。

 

映画めっちゃよかった。

漫画だけではよくわからなかった箇所も、映画で見たらわかったし、逆に映画だけ見てたらわからんかったやろうなーっていうとこもあったし、原作読んでからの映画鑑賞は大成功でした。漫画は注釈付きなので先に読んでおくのが個人的にはおすすめ。

舞台挨拶でのお話にもあったけど、アフレコで「息を吹き込む」っていうのが、本当に正確な表現だなーという感じでした。

 

内容には触れないようにしようと思うけど←無意識です。

映画館の雰囲気もなんかピリッとしてて、客席はほぼ無音で、みんな映画に集中してて、終わった瞬間、拍手がわーって起きて、なんだか本当にすごく良かった。

 

すごく良かったなーって思ってたら、舞台挨拶。

のんさん、白タイツに黒エナメルのストラップシューズが似合い過ぎ。

すずさんの声ではあるけど、お話の間合いはのんさんで、とっても不思議な感じがした。女優さんてすごいわー。

のんさんの好きなセリフが私も一番好きだったので、生で聞けてうれしかったです。

今後は海外でも公開されるらしく、近々メキシコで舞台挨拶とか。この映画が全世界の片隅に行きわたるといいなと思いました。

最後にメディア用に客席含めて写真と動画撮影して終了。

 

なんか帰り道の新宿がちょっと違って見えたよね。「君の名は。」でも違って見えたけど、それとはまた違う見え方だった。

 

帰宅後、弟に「めっちゃよかったわー」って話したら「せやろ?俺、出資してるから」やと。ドヤられた。

私「今度メキシコで公開なんやってー」

弟「知ってる知ってる。海外での舞台挨拶用にクラウドファンディングまたやってんねん。

でも、ヒットしてるんやから、それは稼いだ分で行けよ。って思うから、これは全然興味ない

 

わろたwwwシビアwww

 

1月30日までらしいけど、お安めのは口数すでにさばけてるらしく、高額のしか残っていませんでした。

www.makuake.com

 

とにかく、とってもいい映画だったので、まだ見られていない方はぜひ!

◆2017/6/10追記:DVDの予約が始まっていました!早速ぽちり。発売は2017年9月15日です。楽しみ。

 

Amazon.co.jpアソシエイト